【柿渋石鹸は効果なし!?】使い方次第で男性の加齢臭とワキガ対策の消臭力UP

柿渋石鹸の効果なしの使い方を調べました

 加齢臭やワキガなどニオイが気になる方の柿渋石けんが人気です。間違った使い方で効果がない場合もあるので、効果的な使い方を調べてみました。

柿渋石けんは加齢臭とワキガのニオイを消してくれるのか?

柿渋石鹸は効果なしか検証します

そもそも柿のナニがいいのか

柿のタンニンの消臭効果的

 柿は、秋の果物として有名ですが、含まれている成分は健康食品そのもの。カリウム、ビタミンC、ポリフェノール、タンニンなどの成分が含まれています。

 柿渋石鹸は、タンニンの消臭作用に注目して作られています。

 タンニンは、緑茶やぶどうにも多く含まれている渋み成分。柿のタンニンは、消臭作用が高いと言われていることから、デオドラントやニオイ対策のスキンケアグッズには多く使用されている成分です。

加齢臭にはどう効果的

柿渋石鹸は加齢臭のニオイ対策に最適

 加齢とともに「ノネナール」というニオイの原因となる物質が増えていきます。特に40歳を超えるあたりから、ノネナールは増加してきます。

 ノネナールは、皮膚の脂肪いわゆる皮脂に多く含まれていて、皮膚表面の菌のはたらきや過酸化脂質によって発生することがわかっています。

 柿渋石けんは、柿に含まれるタンニンの消臭成分に注目したものです。加齢臭は、とにかく肌を清潔に保つことが一番。普段の石けんから消臭効果の高い柿渋石けんに変えてみると消臭力大幅アップです。

ワキガには効果的なのか

ワキガにも柿渋は効果的です

 ワキガの原因は、脇の汗腺。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類があります。ワキガのニオイの原因となるのは、アポクリン線。このアポクリン線からでるアンモニアや脂質などを含んだ汗が、皮膚表面の常在菌によって分解されることで発生するのが、ワキガ特有のニオイとなります。

 ワキガの対策としては、肌を清潔に、汗をこまめに拭く、腋毛の除毛、制汗剤の使用が主に上げられます。お風呂やシャワーの際に消臭効果の高い石けんを使うのは大変効果があると言われています。

 柿渋石けんを使う方が多いのは、ネット上の口コミでも多くあるとおり。ワキガ対策は、これでOKというものはなく、制汗剤を合わせて使うことで、ニオイ対策はかなり効果が高いものとなるようです。

柿渋石けんの効果を最大限生かす使い方

柿渋石鹸の使い方

 柿渋石けんは、消臭効果のある石鹸です。せっかくなら一番効果のある使い方をしたいものです。

間違った効果なしの使い方

 まずは、間違った使い方から。

効果のない使い方がコレ

 お風呂やシャワーに入って、肌をまったく濡らしていない状態や肌の表面が温かくなっていない状態での体洗いは×

 まずは、お風呂の前にかかり湯やシャワーでしっかり肌の表面を温めて毛穴を開かせてから。ニオイの原因となるのは、皮脂に多く含まれる物質だったり、皮膚表面の汗や汚れだったりします。まずは、しっかり体をあたためてから

 男性の皮膚には、皮脂が多く含まれる特徴があります。人間の皮脂は、30度ぐらいから浮いてきて落としやすくなります。このポイントはしっかり押さえておくと洗顔や洗髪にも大変役に立ちます。いつも40度ぐらいのお湯で、という方もややぬるめにして32~35度ぐらいが皮脂が落としやすくなり皮膚へのダメージも少なく洗いやすい適温です。

 ゴシゴシ洗いは×

 皮膚の汚れをしっかり取り除きたいとゴシゴシ洗いがちですが、皮脂は適度な温度で毛穴が開いていると落ちやすいので、石けんをしっかり泡立ててゆっくりと洗うのがベスト。体を洗う際も、スポンジや優しく洗えるタイプのボディタオルがおすすめ。

 皮膚の表面を傷つけずに、皮脂と汚れを取り除くために体をゆっくり洗うのが効果的

こう洗うと効果的な使い方

加齢臭とワキガに効果ある使い方

 一番いいお風呂の入り方は、ぬるめのお湯で15~20分程度が良いと言われています。

 シャワーだとなかなか長い時間はムリ。という方は、ややぬるめの温度にして体をゆっくり温める感じで浴びると良いそうです。

柿渋石鹸の消臭はタンニンが作用します

 柿渋石けんの消臭効果を最大限生かすのは、体がしっかり温まって皮脂や毛穴の汚れを落としやすいタイミングでの使用。ゴシゴシ洗いをしないように、泡立ててから。泡立ちの良いボディスポンジがおすすめです

 体全体を洗うのに、ゆっくり時間をかけるように意識すると肌を傷つけずに効果に洗うことができます。洗い流すのも時間をかけてしっかり洗い流しましょう。

 お風呂やシャワーの温度は、ぬるめを意識することが効果的です。

柿渋石けんの保管方法

柿渋石鹸の保存方法はこれ

 使い終わった石鹸は、水気をしっかり切って風通しの良いところに置いておくのが一番。お風呂の隅っこや洗面台にベタ置きは可能な限り避けた方が良いようです。

 保管方法は、フタのついた石鹸置きよりは、風通しがよく乾燥できるような石けん置きが良いそうです。

 無添加石鹸は、保管方法によっては水に溶け出しやすので、風通しのよい場所に保管がおすすめとなっています。

柿渋石けんは100種類以上。結局どれがいいの?

柿渋石鹸の比較

 楽天やアマゾンの通販で検索すると、柿渋石けんは200円~2000円台とかなり幅が広く、どれがいいのかわからない状態。結局どれが一番いいの?という話にもなってきます。柿渋石けんの選び方のポイントを整理しました。

値段=含まれる成分は間違いではない

効果と含有量は値段によります

 スキンケアグッズ、美容品に共通して言えることですが、値段=含有成分です。高いものは良い。単純な話なのですが、これは間違いありません。

 柿渋石けんもまったく同様に、楽天やアマゾンで販売されている200~400円の中には「薬用」「柿渋エキス」「医薬部外品」と書かれている商品がズラリ。この価格帯では、タンニンが配合されていてもあまり期待できないのでは。

 楽天の柿渋石けんで検索すると... Amazonで柿渋石けんでの検索結果はこちら...

消臭効果を期待するなら予算2,000円前後

 消臭効果を期待するなら、ある程度の予算がやはり必要です。

 美容メーカーが出しているものは、3,000円以上するものもありますが、一般的にしっかり成分が記載されていて製造法もはっきりしているのは、2000円前後のものが多く、効果が期待できると考えてよいと思います。

一番の売れ筋はコレ!!

 ズバリ、体臭・加齢臭・ワキガでお悩みの方で売れ筋はこちら↓

 柿のさち 薬用柿渋石鹸 です。1個2,160円

 製造しているのは、マックスという会社ですが、石鹸や入浴剤の開発、製造をつづけてきた会社です。

おすすめの柿渋石鹸がこれです

 人気のヒミツは、その圧倒的な消臭力。1個110gで1ヶ月程度は使用でき、最初は高いなと感じた方もいろいろ他のものを試すよりはその効果のほどを実感して驚いたという口コミもあり、かなり評判となっています。

 もう一つの人気の理由は、単品購入ができること。最近は定期コースのみ初回限定で安い、などのスキンケア用品が増えていますが、「柿のさち」は単品購入ができるので、面倒な途中解約や最低利用期間もなく、無くなったら注文するスタイルができるのも人気のポイント

美容成分配合の柿渋石鹸も人気

美容成分配合タイプもあり

 消臭効果と合わせて美容成分が配合されたタイプの石けんも人気です。柿渋成分に加えて、緑茶の消臭成分、さらにトレハロースや白金ナノコロイドなど24の美容成分が配合された柿渋石鹸 1個 1,800円もコスパが良いと評判になっています。単品購入可能。21種類もの美容成分を配合した【柿渋石鹸】

柿渋石鹸はおすすめです

 柿渋石けんは、効果なし!!という方も多いのですが、ネットで見てみると、楽天やアマゾンで販売されている500円以下の商品についてのものがほとんど。男性の加齢臭やワキガなどニオイが気になるかたには、柿渋石鹸は大変効果的です。

 お風呂やシャワーで使っているボディソープを柿渋石鹸に変えてみるだけで、消臭効果が十分期待できます。毎日かんたんに続けられる方法なら、柿渋石けんが大変おすすめです

 このページで紹介している柿渋石鹸の公式サイトはこちら↓

 売れ筋一番人気の柿渋石鹸

 美容成分配合の柿渋石鹸